無利息キャッシング【参考情報:シンキNOLONE】

NOLONE-NOLOANで有名なシンキ株式会社(しんき、Shinki Co.,Ltd.)は、日本の消費者金融・事業者金融業を営む企業であり、2006年3月現在、約36%の株式を新生銀行が保有する持分法適用関連会社だ。新生銀行グループ系のノンバンクには信販大手のアプラスや総合リース会社の昭和リースがあるがこの2社は新生銀行の連結対象子会社。
1954年に兵庫県神崎郡で創業。1973年〜1997年まで姫路市に本社を置いていたことから、関西を主とする西日本が地盤だったが、近年東日本を中心に全国展開に注力。現在は「NOLONE-NOLOAN-ノーローン」ブランドを展開している。
この「ノーローン」は、無利息期間があるので有名な即日キャッシングローンである。
商号の「シンキ」は神姫ではなく「信用を起こす」から来ている。姫路市に本社を置く神姫バスとはまったくの別会社だ。

NOLOAN (NOLONE) ノーローン

NOLONE-NOLOAN-ノーローンが一層使い易く!

NOLONE-NOLOAN-ノーローンにお申し込み→


1:ゆとりの限度額200万円
2:実質年率15.0%〜18.0%
3:1週間無利息
4:リアルタイム取引で24時間ご融資・ご返済可能
5:ノーローンポイントサービスで毎月ポイントバック
6:来店不要・即日融資可能
ノーローンでは、平成19年4月1日より貸付金利を引下げ。
利息が大幅に低くなり、一層使い易くなりました!!
 

ディック

ディック:30日間無利息(初回)
CFJ株式会社 ディックの今すぐキャッシング
キャッシング、ローン、カードローン、即日融資のディック
新規優遇金利 12.88〜22.88%
全国71,000台もの銀行やコンビニの提携ATMを、ディックは手数料無料でご利用いただけます。
無担保で最高 300万円
ディックへお申し込み→

クレディア

クレディア:15日間無利息(インターネット受付)
東証一部上場の株式会社クレディアの即日振込キャッシングです。
安心の実績31年、約20万人のお客様にご利用いただいております。
ネット上でカード発行&振込のお申し込みが簡単に行えます。
全国で約3万ヶ所のATM/CDで手数料無料でお引出しも可能。
クレディアへお申し込み→

アイシーローン

アイシーローン:30日間無利息(初回)
新宿に店舗を構えるアイシーローンは創業25年の実績を
持つ安心の会社。初回ご利用のお客様には30日間無利息で
ご融資いたします。学生の方も大歓迎。学生特典によるお得
な金利等によって無理なくご利用いただけます。インター
ネットからなら24時間申し込みOK。ご入用の際には
ぜひお声をおかけ下さい。詳しくは上記URLよりホーム ページへどうぞ。
アイシーローンへお申し込み→

キャンパスローン Sjoy

キャンパスローン Sjoy:1週間無利息
フレッシュな新社会人向け専用ローン Sjoy
オンラインでお申し込み!
携帯サイトもオープンしました!合わせてご利用ください.
フレッシュな新社会人向けのローンです。50万円迄、ご来店不要でお振込対応致します。※要審査


学生ローンオシャレ

学生ローンオシャレ:10日間無利息(初回)
学生ローンオシャレは大学生・大学院生・短大生・専門学校生の方専用ローン
新規契約の方は「10日間無利息」キャンペーン!
日本全国振込みローン
即日融資もOK! 利用限度額50万円
お申込年齢20歳〜30歳の方  他社借入れ4件までの方
年率19.5%〜25.55%
学生ローンオシャレへお申し込み→

無利息キャッシングってお得

給料日の前って誰もが辛いんですよね。金欠病です。1週間乗り越えれば・・っていう時に助けてくれるのが無利息キャッシングです。

無利息キャッシングって

無利息キャッシングって。ご存知ですか。定められて期間、利息が掛からないキャッシングのこと。つまり、期間内にお金を返すと、利息はゼロという優れものです。

無利息キャッシング関連情報

即日融資もなかなか厳しくなったきた。ようである。
アイフル、アコム、武富士、プロミスの大手4社の1月の新規融資申込者は計13万6000人。実際に融資を受けた人の比率「成約率」は、4社の平均は前年同期比19.4ポイント低い44.1%に落ち込んだ。76000人が門前払いされた計算だ。特にアイフルの成約率は36.0%と同34.1ポイントも低下し貸出先を厳選している。

無利息キャッシングは選びのコツ

無利息キャッシング、無利息融資サービスが増えてきている。しかし、キャンペーン期間中だけであったり、初回のみであったり、各社サービスに違いが有る。無利息比較サイトでジックリ比較して賢く借りるのが得である。

無利息キャッシングの賢い利用法

NOLOAN(NOLONE)ノーローン・ディック・クレディア・三和ファイナンス・アイシーローン・学生ローンオシャレ・キャンパスローンSjoy サービスの詳細については、バナーをクリックし元サイトにてご確認ください。有利な情報が追加されている場合がございます!

無利息キャッシングの知識【グレーゾーン金利】

グレーゾーン金利
グレーゾーン金利:利息制限法に定める上限金利は超えるものの、出資法に定める上限金利には満たない金利のこと。利息制限法によると、利息の契約は、利息制限法で定められた利率を超える超過部分は無効とされている。貸金業者、特に消費者金融(サラ金)業者の多くは、この金利帯で金銭を貸し出す。
利息制限法の規定
まず、利息制限法では、「金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約」(利息契約)は、その利息が下記の利率により計算した金額を超えるとき、その超過部分につき無効と定める(利息制限法1条1項)。

元本が十万円未満の場合          年二割(年20%)
元本が十万円以上百万円未満の場合     年一割八分(年18%)
元本が百万円以上の場合          年一割五分 (年15%)
これが、利息制限法に定める上限金利となる。利息の超過部分は無効となるため、支払う義務はない。もっとも、超過部分を利息として任意に支払った場合には、その返還を請求することができない(1条2項)。
貸し手が利息制限法の上限利率を上回る金利で融資しても、出資法の上限利率以下であれば、刑事罰が科せられない。

貸金業規制法の規定
貸金業規制法(貸金業の規制等に関する法律)は、登録を受けた「貸金業者」が、業として行う利息契約をしたときに、利息制限法に定める上限金利を越えていても、下記の条件を備える場合、「有効な利息の債務の弁済とみなす」と定める(貸金業規制法43条)。
「債務者が利息として任意に支払」っており、
契約締結後、遅滞なく、貸金業規制法17条所定の事項を明記した「書面」、いわゆる17条書面の交付があり、
弁済の都度、直ちに、貸金業規制法18条所定の事項を記載した「受取証書」、いわゆる18条書面の交付がある場合。
これを「任意に支払つた場合のみなし弁済」もしくは単に「みなし弁済」という。この条件を満たして任意に利息を支払った場合には、利息制限法に定める利息の超過部分も、元本の弁済に充当されず、返還を請求できない。「みなし弁済」は、登録を受けた「貸金業者」以外の利息契約には適用されない点に注意されたい。

出資法の規定
出資法(出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律)は、「金銭の貸付けを行う者が業として金銭の貸付けを行う場合」に、年29.2%(うるう年には年29.28%。1日当たり0.08%。)を超える割合による利息の契約をしたときは、「5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」と定める(出資法5条2項)。この「年29.2%」が出資法に定める上限金利となる。出資法に定める上限金利を超えて利息の契約をすると、契約しただけで刑罰が科され、貸金業の登録取消・業務停止等の制裁が課されるため、多くの貸金業者はこの金利を超えて貸し出すことはない。この金利を超えて貸し出す業者を闇金業者(ヤミ金)という。
日賦貸金業者(日掛金融)・電話担保金融においては特例があり、年54.75%(うるう年には年54.90%。1日当たり0.15%。)が利息の上限となっている。貸金業登録番号にはカッコ内の数字が登録回数を示しているが、この特例が適用される業者には数字の前に「N」を付けて(例:(N3))識別している。

無利息キャッシング【参考情報:消費者金融】

銀行系消費者金融
銀行と大手専業会社が2000年から2002年頃迄に設立された消費者金融会社が始まり。
主にサラリーマンや公務員などを対象として金融商品を発売し、銀行本体のカードローンでは収入などの属性で借入が難しい人で、専業会社で借りるには(専業会社から見て)高属性の人物で有るといった、銀行ローンと専業との間クラスの様な利用者をターゲットとした。
資本力のある銀行からの後押しがあり、利息制限法の基準の範囲内の貸出利率で営業しており、郵送や電話・インターネットなどで申込出来、比較的短時間(1時間程度)で審査の可否が決定し、契約が成立次第ローンカードを郵送するなどして利用が便利で好評を得ている。

無利息キャッシング【参考情報:貸金業】

貸金業ということは、よく聞く言葉であるが
法律では、「貸金業」とは、金銭の貸付け又は金銭の貸借の媒介(手形の割引、売渡担保その他これらに類する方法によつてする金銭の交付又は当該方法によつてする金銭の授受の媒介を含む。以下これらを総称して単に「貸付け」という。)で業とされている。※次に掲げるものを除く。
一 国又は地方公共団体が行うもの
二 貸付けを業として行うにつき他の法律に特別の規定のある者が行うもの
三 物品の売買、運送、保管又は売買の媒介を業とする者がその取引に付随して行うもの
四 事業者がその従業者に対して行うもの
五 前各号に掲げるもののほか、資金需要者等の利益を損なうおそれがないと認められる貸付けを行う者で政令で定めるものが行うもの
金融サービスを利用する上で理解しておきたい言葉である。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。